guo's FotoPage

By: guo alva

[Recommend this Fotopage] | [Share this Fotopage]
[<<  <  [1]  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >  >>]    [Archive]
Friday, 23-Nov-2012 03:30 Email | Share | | Bookmark
ティンバーランド

<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>0.96mmという超薄型ディスプレイも、省電力ホワイトマジックも、内蔵タッチパネルもすごいが、個人的にとても新鮮だったのは、ソニー、東芝、日立製作所の合併会社「ジャパンディスプレイ」。

いわばドリームチームである。
ジャパンディスプレイの大塚CEOのインタビュー(AV WATCH 2012年4月2日)によると、ソニーが低消費電力、東芝はLTPS、日立はIPSで、業界を<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>凌駕する技術をもっているという。それら得意分野を持ち寄って出来たのがジャパンディスプレイだ。

分野ごとにこんな風にドリームチ<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>ームを組むのってなんだかとてもイイことだと思うし、実際に結果を出した。これは日本全体に漂う閉塞感をブレークスルーするきっかけにもなりそうな気がする。

従来なら、たとえば「合併する」と言っても動きが遅いのがいつもの日本。
ここでもジャパンディスプレイは<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.com/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>違う。今流行の「爆速」だ。

正式契約からたった4カ月半で新しい会社としてスタートしている。それがなんと今年の4月。それからたった半年でこのような結果を出しているのである。

しかも組織形態も日本ぽくない。フラットだ。
「日本発のグローバルリーディン<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.com/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>グカンパニーになるために、フラットな組織、スピーディな意思決定でやっていかなければならない」(大塚CEO)とし、CEO以下に副社長や専務などをおかず、9名の執行役員による組織を構築しているという。

その成り立ちも日本ぽくない。ボト<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.net/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>ムアップだ。
一社のエンジニアが産業革新機構(INCJ)に相談に行ったのが今回の合併のきっかけだという。「親(会社)からの成長資金が期待できない。このままでは中小型の技術、日本のいい技術が、ビジネスで負けていく」というエンジニアからの切実な相談から始ま<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>った。偉いさん発想ではなく、完全な現場発想。ボトムアップである。

すばらしいなぁ。
やればできるじゃん、というのが一般生活者であるボクの率直な感想。様々な制約や(とても<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>日本的な)慣習でそんなこと不可能かと思っていたよ。

たとえば、アップルやサムスンに大きく遅れをとっているスマートフォンにしても、全メーカーによるドリームチームで共同開発したら、逆に新<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>いたい日本の携帯メーカー、いままで多すぎたし。

一社内で事業廃止や開発見直し、体質改善をするより、各社がそれぞれの得意分野と企業文化を持ち寄ってチームを作るほうが、その開発も無駄にならないし、思わぬシナジーも起こるかもしれないし<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.com/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>、他国に技術者が流出することも起こらずに済むかもしれない。

日本の中に隠れた世界一は山ほどある。
日本のものづくりマイスターたちが大同団結して世界と闘ったらきっと大勝ちできる。

サムライ.ジャパンならぬ、オヤ<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.com/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>カタ.ジャパン。

いい先例ができた。他の分野でもきっと可能なはず。
家電でもクルマでも、狭い日本で競い合うのも結構だが、発想を変えて、オール.ジャパン<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.net/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>で総力を挙げて世界と闘うのは素晴らしいと思うし、少なくとも日本人として「気持ちがアガル」。めちゃくちゃ応援したくなるではないか。


Friday, 23-Nov-2012 03:28 Email | Share | | Bookmark
ティンバーランド

<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>日本の高度経済成長の裏には、緻密に設計された産業金融の仕組みがありました。当時の代表的な企業年金制度である厚生年金基金も、その重要な一翼を担っていたのです。今では、その古い仕組みは破壊されてしまいましたが、それに替わる新たなる仕組みは生まれていません。優れた仕組みがあったからこそ<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>日本は成長できた。今回は、日本の明るい未来のために、過去の成功に学ぼうという歴史論を展開しましょう。
新たなる創造は、過去の否定からよりも過去の再評価から生まれるのではないのか。それが歴史を学ぶ意味だったのではないか。表面的なことや技術的なことにかかずらっているうちに、本質的なことは忘れられ<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>ます。その時、原点の視座の回復が必要ですが、原点への回帰は、原点への回帰であるだけに一種の復古です。おそらくは、歴史とは、時間を通じて変わるものの研究ではなくて、時間を通じても変わらないものの発見の学なのでしょう。今、混迷の極にある日本で、崩壊の崖淵にたつ日本で、重苦しい停滞感に沈<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.com/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>む日本で、明るい未来を考えるためには、明るい過去を考えることが一番いいのではないでしょうか。
私が大学を卒業したころは、ニクソンショック、オイルショックの後ですから、高度経済成長期の余韻を強く残していたとはいえ、もう既に経済成長率は鈍化していました。ここは、日本の重大な転<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.com/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>換点だったのですが、周知のように、適切な時期に上手に構造改革はなされませんでした。その遅れがバブル経済を生み、以来、バブル経済の崩壊、その事後処理、エマージング諸国の追い上げ、異常な円高というふうに、既に20年をも超える日本の苦悩の時が始まるのです。その間に、高度経済成長期以来の古い仕組みの弊害ばかりが指摘されて、順次、旧来の制度は否定的に切り捨てられてきました。そうして、いつしか高度<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.net/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>経済成長の仕組みの優れた点は忘れられてしまったようです。
表面的な制度の欠陥の是正を個々ばらばらに繰り返す間に、国策としての整合性は失われ、そもそもの歴史的経緯も忘れられました。まさに、新たなる成長戦略を欠いたまま、構造改革という名のもとでの無秩序な破壊が横行してきたのです。ですから、いま改めて<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>、原点の成長戦略の仕組みを再確認しようということです。そのうえで、破壊の残骸の上に、新たなる成長の基盤を築いていかなくてはいけないのです。
成長の源泉は人の成長意欲です。これは経済の問題以前です。未来への希望がないところに、成長はあり得ませんし、働くことが成長につながるのでなければ、未来への希望もありません。企業は、将来の<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>社会像のもとで事業を構想し、その実現へ向けて投資を行い、雇用を創造する。それが成長への投資です。投資には資金が必要です。その資金供給の仕組みが産業金融です。人の成長意欲が産業界の成長意欲を生み、あるいは逆に、産業界の成長意欲が、そのなかに働く人間の成長意欲を生み、それに対して適切な産業金融の仕組みが供給されて、初めて経済成長が起き<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>る。「人+産業金融=成長」です。


Friday, 23-Nov-2012 03:23 Email | Share | | Bookmark
ティンバーランド

<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>「人+産業金融=成長」のなかで重要な役割を演じていたのが、企業年金です。その代表的制度である単独連合型の厚生年金基金と適格年金は、企業の退職一時金制度から生まれました。現在では、これらの厚生年金基金のほぼ全ては、代行返上により確定給付企業年金基金に改組されており、適格年金のほうは、制度として廃止されて、確定給付企業年金基金<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>等の他制度に移行するなり、消滅するなりしています。
退職金は給料の後払いです。後払いの仕組みが導入されたことには、企業の立場からみて、二つの理由がありました。一つは、給料の支払いを退職時まで繰り延べることで、資金負担を軽くしたのです。あるいは、従業員から借入をしていたともいえます。それほ<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>どに、経済成長期には、企業の資金が不足していたのです。
もう一つの理由は、長期勤続奨励です。退職金の設計は、通常は、勤続年数が長くなるにつれて、支給係数がよくなるようにしています。つまり、長く務めるほうが従業員に有利になるようにしているのです。この科学的な説明としては、勤続によって熟練が生<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.com/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>じて生産性が高くなることを仮定していたものと思われます。熟練した生産性の高い従業員を失うことは、明らかに企業の損失と考えられたのです。
退職金は企業の債務です。そこで、その債務に対応した引当資産の形成を、企業外部に、税制優遇措置のもとで、行うことが考えられます。その器として作られたのが、適格年金であり、厚生年金基金で<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.com/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>す。政府は、税制優遇措置として、制度への拠出金の損金算入性を認め、積立資産の運用収益を非課税(適格年金には1%の特別別法人税がありました)としました。一方で、その優遇措置の見返りとして、退職一時金制度の年金化と、積立資産の管理の企業からの完全独立を義務つけました。これが、企業年金制<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.net/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>度の始まりです。
年金化は、当然のこととして、公的年金の補完としての社会政策的意味から、政府が奨励したのです。その奨励策が、税制優遇措置です。実は、厚生年金基金にも、「代行メリット」といって、厚生年金本体の保険料率よりも企業側に有利になるような制度的工夫がなされていて、それも奨励策に使われていたの<b><a href="http://www.timberlandonlinesale-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>です。
企業の成長のためには、成長を担う人の確保と、資金の確保が必要でした。その二つの目的を実現したのが、退職金制度でした。それが、社会保障的側面も加味して、企業年金制度へ改組されたのです。また、企業年金の導入には、いうまでもなく、安定<b><a href="http://www.timberlandstore-japan.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>雇用と老後保障の充実により、消費を誘発する経済政策の意味も込められていたのです。そのような高度な政策的な設計がなされていたからこそ、日<b><a href="http://www.timberlandbootsstore-jp.org/" title="ティンバーランド">ティンバーランド</a></b>本の経済成長は実現できたのです。


Thursday, 22-Nov-2012 03:14 Email | Share | | Bookmark
ugg ブーツ

<b><a href="http://www.bootsoutletshop-jp.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>私は、彼がどんなロジックでマネーストックが増えないというのか、その理由を知りたくて「流動性の罠」をクリ<b><a href="http://www.bootsoutletshop-jp.com/" title="UGG クラシックトール">UGG クラシックトール</a></b>ックしてみたのです。そうしたら、彼が数年前に書いた記事が現れ、そこには次のようなことが書いてあったのです。

ポイントだけ抜き書き<b><a href="http://www.bootsoutletshop-jp.com/" title="UGG クラシックショート">UGG クラシックショート</a></b>してみます。

「彼らは、なんとなく日銀がジャブ<b><a href="http://www.bootsonlinesale-jp.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>ジャブ金をばらまけばデフレを脱却できると思っているようだが、それは錯覚だ」 「その原因は、日本経<b><a href="http://www.bootsonlinesale-jp.com/" title="UGG クラシックトール">UGG クラシックトール</a></b>済が金融政策のきかない流動性の罠に陥っているからだ」「投資と貯蓄を均衡させて物価を安定させる実質金利を自然利子率r*とよび、図のようにIS曲線(貯蓄と均等化する投資水準)がGDPの<b><a href="http://www.bootsonlinesale-jp.com/" title="UGG クラシックショート">UGG クラシックショート</a></b>自然水準Y*と交わる点で決まる」

いきなり難しい話になって<b><a href="http://www.bootsonlinesale.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>しまうでしょう? IS曲線だなんて。こんな記事を忙しい政治家が読む筈はないのです。

でも、私としては、貴方に池田氏が何<b><a href="http://www.bootsonlinesale.com/" title="UGG クラシックトール">UGG クラシックトール</a></b>を考えているかを知ってもらいたい。

彼の理屈はこうなのです。(但し、私の推測<b><a href="http://www.bootsonlinesale.com/" title="UGG クラシックショート">UGG クラシックショート</a></b>ですので、その点留意して下さい)

名目金利がほぼゼロである<b><a href="http://www.bootsoutletjapan.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>経済状況というのは、一般企業が、金利がゼロであっても銀行からお金を借りようとはしない状況なのであって、従って、そのような状況で幾ら日銀がお金を市場にばら撒こうとしても、お金の量は増えないのだ、と。何故なら<b><a href="http://www.bootsoutletjapan.com/" title="UGG クラシックトール">UGG クラシックトール</a></b>ば、そうした不況下では、本来あるべき名目の金利水準はマイナスであってしかるべきで、そしてマイナスの金利であれば、一般企業の資金需要も起こり、世の中に流通するお金の量が増えることになるが、現実の世の中では名目金利をゼロ以下に引き下げることができず、従って、一般企業の資金需要を引き起こすことができないので、世の中に出回るお金の量は増<b><a href="http://www.bootsoutletjapan.com/" title="UGG クラシックショート">UGG クラシックショート</a></b>えない、と。

お分かりになりましたでしょうか? 難しいIS曲線だとか、自然利子率だとか言わ<b><a href="http://www.bootsoutletshop-jp.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>なくても、こうして説明ができるのです。

但し、そのような説明に対して、世の中には銀行からお金を借りたいと思っている企業が山ほどある、と疑問を抱く人もいるのではないでし<b><a href="http://www.bootsonlinesale-jp.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>ょうか?

世の中に殆どないというの<b><a href="http://www.bootsonlinesale.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>は、銀行が進んでお金を融資したいという優良案件だけだ、と。

それに、短期金利がほぼゼロだとしても、民間融資の基準となる長期国債の利回<b><a href="http://www.bootsoutletjapan.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>りは今でも0.7%程度はある訳だから、決して金利がゼロでも借り手がいないというのはおかしい、と。


Thursday, 22-Nov-2012 03:12 Email | Share | | Bookmark
ugg ブーツ

<b><a href="http://www.bootsoutletshop-jp.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>但し、そうして銀行がリスクに見合った金利を企業側に提示すれば、企業はその金利負担にとても耐えることができ<b><a href="http://www.bootsoutletshop-jp.com/" title="UGG クラシックトール">UGG クラシックトール</a></b>ないから、融資の話がまとまらないのです。

そういうことでしょ? だから、金<b><a href="http://www.bootsoutletshop-jp.com/" title="UGG クラシックショート">UGG クラシックショート</a></b>利がゼロでも企業がお金を借りようとしないのではなく、企業からすれば、このゼロ金利の<b><a href="http://www.bootsonlinesale-jp.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>時代だというのに、銀行の提示する金利がこんなに高いから融資を受けることができないのです。

では、何故企業が、銀行が提示する<b><a href="http://www.bootsonlinesale-jp.com/" title="UGG クラシックトール">UGG クラシックトール</a></b>金利を高いと感じるかと言えば、それは本業の収益予想が低いからです。つまり、どれだけでも売れると思えば、少々高い金利でも問題はないが、この先売り上げが伸びることなど期待できないの<b><a href="http://www.bootsonlinesale-jp.com/" title="UGG クラシックショート">UGG クラシックショート</a></b>で、とても高い金利を受け入れることができないのです。

いずれにしても、そうし<b><a href="http://www.bootsonlinesale.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>て銀行と企業の間で融資条件に合意ができない状態が続いているので、融資が増えず、その結果、世の中に出回るお金が増<b><a href="http://www.bootsonlinesale.com/" title="UGG クラシックトール">UGG クラシックトール</a></b>えないのです。

つまり、池田氏の主張は<b><a href="http://www.bootsonlinesale.com/" title="UGG クラシックショート">UGG クラシックショート</a></b>、言いたいことの半分は分かるとしても、現実を踏まえた議論ではないのです。

いずれにしても、そのよう<b><a href="http://www.bootsoutletjapan.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>な不況下でポイントとなるのは、実体経済の期待収益率の水準です。日本が高度成長期にあったときには、企業の平均的期待収益率は<b><a href="http://www.bootsoutletjapan.com/" title="UGG クラシックトール">UGG クラシックトール</a></b>高い水準にあり、そうした状況では金利が少々高くても企業はお金を借りようとした。しかし、今はその反対。だから、少しくらい金利が低くてもな<b><a href="http://www.bootsoutletjapan.com/" title="UGG クラシックショート">UGG クラシックショート</a></b>かなかお金が借りることができない。

ということで、企業の期待収<b><a href="http://www.bootsoutletshop-jp.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>益率を引き上げることが本筋なのですが、そのために日銀ができる
ことは限られてい<b><a href="http://www.bootsonlinesale-jp.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>ます。

しかし、それ<b><a href="http://www.bootsonlinesale.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>はそうであっても、金利水準を日銀が引き下げることができれば、企業の資金需要が増えることが期待はできる<b><a href="http://www.bootsoutletjapan.com/" title="UGG ブーツ">UGG ブーツ</a></b>のも事実。


[<<  <  [1]  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >  >>]    [Archive]

© Pidgin Technologies Ltd. 2016

ns4008464.ip-198-27-69.net